寝たまま見るだけでドラクエ。テクノツール株式会社との業務提携訪問の様子

ブログ

縦割りの支援から、横連携へ

業務提携後、初となるお客様は“寝たままでドラクエをしたい”というご要望のK様でした。

テクノツール島田さんと中塚さん(テクノツール所属の作業療法士)のセッティングに同行させていただきました。
機器選定の打ち合わせはすでに済んでおり、この日は二回目の訪問でした。
浅見と三浦は知見を広める為の見学と、ちょっとしたお手伝い係です。
テクノツールのお二人が慣れた手付きで、セッティングを行っていきます。

K様はデュシャンヌ型筋ジストロフィー症で筋力が低下する障害をお持ちです。
浅見が独立前からのお客様でもう20年近いお付き合いになります。
ずっと車いすを作らせて頂いています。

最近は筋力が低下して座位でのマウス操作が難しくなってきました。
※現在も視線入力のアシストを使用しながらマウス操作をしています。

初回訪問時のご要望は「パソコン操作が難しくなってきた、いままでやっていたゲームが出来なくなってきたので、ゲームを使えるように」というお話でした。
聞けば、マウスを押してドラッグしながら移動して、スイッチを離すという動作が難しくなってきたために、ゲームが出来ないとのこと。

この動作を出来るようにするために、USB Switch(USBスイッチ)を使いマウスの操作を2つに分けました。

USB Switch(USBスイッチ)https://www.at-mall.com/products/usb-switch?_pos=1&_sid=16a7a0901&_ss=r

右手にマウス、左手に軽量操作のスイッチをクリックに割り当てて、今まで通りパソコンで遊んでいたゲームをすることが可能になりました。

一つ「できること」が増えると、次への希望が出てきます。
次のご要望は「任天堂スイッチのドラクエで遊びたい」でした。

テクノツールの島田さんが必要機材の構成を説明、リストアップし、本人が手配しました。

簡単に構成を書くと以下の通りです。

①アシスタンドにノートパソコンを設置。ベットで寝たままパソコンが見えるようにする。
Assistand  http://www.j-d.co.jp/welfare/assistand.html

②視線入力装置 トビーとノートパソコンを接続して、パソコンを視線入力で使えるようにします。
PCEye5 https://www.creact.co.jp/item/welfare/tobii-eyetrackers/pceye5/pceye5-top

③任天堂スイッチとFlex Controller(フレックス・コントローラー)をつなぎ、フレックスコントローラー経由で任天堂スイッチを操作できるようにする。
ノートパソコン画面上にフレックスコントローラーにより、割り当てられたコマンドを表示させます。
各コマンドはどのキーに割り当てるか、どのくらい見ると反応するかなど、細かい設定ができるようになっています。

任天堂 スイッチ https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/
Flex Controller(フレックス・コントローラー)https://www.at-mall.com/products/flex-controller
任天堂公認のコントローラーで一般的な形状のコントローラーが使用できない方々のために特別に開発、販売されています。

④HDMIキャプチャーデバイスで、任天堂スイッチの画面をHDMIからUSB3.0に変換してノートパソコンに入力
CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CHD312 HDMIビデオキャプチャー スルーアウト USB3.0接続
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/281686/

⑤ノートパソコンにOBS Studio(フリーソフト)をインストールして、OBS Studioの枠内に任天堂スイッチの操作画面を表示させる。

OBS Studio https://obsproject.com/ja/download

※ゲームや、利用者の操作方法により変わってくる部分がありますので、主な部分だけ記載致しました。
細かくはまだ必要な部材とセッティングがありましたが省略しています。

使いこなすには更なる調整が必要ですが、この方法を使ってベットで“寝たままドラクエををすること”が可能になりました。

ゲームやパソコンでお困りの方のご参考になればと思います。

車いす工房 輪とテクノツールは、東京多摩地域のアクセシビリティ支援を盛り上げます。

車いす工房 輪のユーザー様でもっとできることを増やしたい方。
パソコン、ゲームにお困りの方は是非お気軽にお声掛け頂ければと思います。
このような支援に行きたいと思います。

業務提携についてはこちら御覧ください。

フレックスコントローラー取り扱い先

テクノツール株式会社
東京都稲城市東長沼2106-5マスヤビル4F
042-370-6377
https://www.ttools.co.jp/

, , ,
次の投稿
11月19日(金)YBS山梨放送 18:15〜 P-5eye試乗の様子が放送されます。
前の投稿
第48回 2021年国際福祉機器展(HCR)はリアルとWEBのハイブリット開催です。
メニュー