サイバスロン2020 オンライン開催(イベント案内)

サイバスロンは、障がいのある人たちが先端科学技術を駆使したアシスト機器を使って、日常生活に必要な動作で競う国際競技大会です。

人よりなにか優れていることを見せびらかすのではなく、
当たり前の事を大勢でよろこびあえる大会。

脳波でゲーム、電動義手で洗濯物を干すなど多くの競技があります。

昨年2019年には電動車いすの競技が日本で初開催され話題を呼びました。
電動車いすで階段を登ったり、斜面を走ったり。

こんにちは。浅見です。まずはこれ御覧ください。PV見るだけでも、もうドキドキします。

CYBATHLON 2020 Global Edition

 

そして、コロナ禍の今年は開催中止も検討されたようですが、2020年はオンライン大会で開催です。
電動車椅子の競技がWEBで見ることができます。
サイバスロン2020は今年5月にスイスで開催予定でしたが、新型コロナウィルス感染症の世界的流行を受けて、
各地の競技の模様をスイスが収録し、ひとつの番組として編集することになったそうです。

11月12日(木)13日(金)に日本科学未来館にて、公開練習デモを見ることが出来ます。
https://stofficetokyo.ch/registration_Cybathlon_2020_tokyo

以下事務局からのご案内です。

レースのもようは、世界大会の一部としてもご覧いただけます。
配信時刻は以下の通りです。
日本チームが登場するのは、14日(土)の21時~22時(車いすレース)と22時~23時(義足レース)(いずれも日本時間)の間となります。
オンライン配信はサイバスロンのサイト(英語のみ)で行われます。

https://cybathlon.ethz.ch/en/cybathlon-2020.html

なお今回の企画は科学技術振興機構(JST)主催のサイエンスアゴラのプレ企画にも採用されています。

オンライン配信のリンクは、こちらからもご確認いただけます(日本語)。

https://www.jst.go.jp/sis/scienceagora/2020/index.html

ご興味ある方は是非、御覧ください。※車いす工房 輪は参加、展示しておりません。

車いす工房 輪は2019年日本大会で展示協力をして、P-5 P-5CHAIRの展示を行いました。

当日の様子はこちら

サイバスロン

 

P-5が取材を受けました

取材の様子はこちら

2019年サイバスロンでp-5が取材されました

メニュー