来て見て触れる工房

ブログ

こんにちは三浦です。

「車いすの製作、修理ってどこでどうやってやっているの?」と疑問をお持ちの方もいるかと思います。
車いすの製作や修理は時間がかかることが多いです。
1人ひとりに合わせてクッションを削ったり、操作し易い場所にスイッチ等を固定したり。
電気系統の配線を直したり、パソコンと車いすを繋いでプログラムしたり…。

コボリンでは可能であれば新車の製作や大きな修理の際は是非ご来訪いただくことをお勧めします。
来ていただくメリットはずばり「完成までのスピードが早い!」です。
工房には様々なメーカーのデモ車を揃えてありますので、色んな車いすに試乗して選択肢を広げることが出来ます。
機種の選定は非常に大切な要素の一つです。

仮合わせ等の際も一緒に打ち合わせして作業場で加工、改造した後すぐにその場で確認できます。
感覚的には1回来訪していただけたら出張仮合わせ内容の約3倍は作業が進むと感じています。

そして!コボリンの応接室はお客様のご来訪時に少しでも快適に過ごしてもらえるように色々な設備があります!
車いすのまま入れる広いトイレ、移乗用のリフト(スリングシートもあり)、ベッド、Wi-Fi完備!(応接室のどこかにパスワードが隠れているので探してね※嘘です教えます)、アレクサ!!(好きな音楽聴いてね)


工房内部の様子もHPトップからGoogleストリートビューで見ることが出来ますので見てくださいね。
ヘルパー経験のあるスタッフもおり、皆色々なお手伝いをしますのでお一人でもご心配なく!

非接触式体温計、消毒液も設置。新型コロナウィルス感染対策もしております。

※基本、事前にご来訪の日程をご連絡いただいての対応となりますので、アポなしでのご来訪には対応できない場合があります。ご了承ください。

もちろん実際に電動車いすを日常的に使っていくのはご自宅です。
ですのでご自宅でのデモ、仮合わせも大切になります。
製作段階で我々がお宅にお邪魔して作業することも出来ますし、完成後もパンクした、動かない等の緊急時はなるべく迅速な対応を心がけていますのでご安心ください。

実際に来て、見て、触って一緒に良いものを作っていける工房でありたいです!

三浦

, , , , , , ,
次の投稿
NHK ハートネットTV フクチッチ「車いす」取材を受けました
前の投稿
呼吸センサーSuuHaaに取り組む毛利公一さんが香川県からP-5の試乗に来てくれました。

見つかりませんでした。

メニュー