今年も1年ありがとうございました

車いす工房 輪は何を作って、何を売る店なのか、スタッフ皆で改めて考えた1年でした。

そして生み出したコンセプトが、

「一緒につくる、あなたのできるを増やす超電動車いす」です。
ちょっと解説します。

だれに届けるか?
 「できる」を増やしたいと考えている人。可能性を広げたい人です。
 仕事をしたい、もっと遠くまで行きたい、一人でいる時間を増やしたい、
 痛みをやわらげたい。快適で居られる時間を増やしたい、姿勢を自由に変えたい。
 思い通りに車いすを動かしたい。あなたのお困りごとをお聞かせください。

なにを届けるか?
 可能性が広がる超電動車いすです。
 ①普通に売っている電動車いすに改造を行い 一人ひとりに合わせたオリジナルの「超」電動車いす
 ②オンリーワンの電動姿勢変換装置P-5のついた「超」電動車いす
 ③ブリッジ(コンパクトな普通型・後輪駆動車)にオリジナル電動ティルトリクライニングを搭載した「超」電動車いす

 この3つを柱に、超電動車いすと一人一人に合わせたオンリーワンの車いすを提供していきます。
 手動車いす、簡易型電動車いすからは撤退します。

どうやって作るか?
 出来ている車椅子を選ぶだけではなく、ユーザー様と一緒に寄り添って考えます。
 その使い方、目的、将来、一緒に考えましょう。あくまでもユーザー様目線で勧めます。

そんな方針を決めました。
これから車いす工房 輪は電動車いすで世界を変えます。

一人で出来なかったことが出来るようになる。
難しかったことが当たり前になる。
ご本人が出来ると思っていなかったことでも、提案をします。

そんなことの繰り返しを続けきります。

2019年 

P-5eyeを開発しました。(車いす工房 輪×オリィ研究所 合同開発)


これは従来からあった、電動姿勢変換装置P-5をスイッチではなく、視線入力で動かせるようにした世界初の例です。
これにより、手足を動かすことが出来ないユーザーでも、見るだけで姿勢が自由に変えることが出来るようになりました。

ねとらぼで記事にして頂きました。

らくらく多機能車いすブリッジTRを開発しました。

  

  

コンパクトな普通型・後輪駆動車に、重心移動型ティルトを搭載して、①運転が楽 ②操作が簡単(ティルト・リクラ) ③姿勢が楽 ④超コンパクトな電動車いすです。
大変好評で、多くのお客様に選んでいただきました。
すでに同業者からの注文もあり、他県でも活躍しだしました。

そして皆様に出会うために為、電動車いすの可能性を伝える為に、24のイベントに参加しました。

参加したイベントの一部です。コボリンのユーザーさんがどのイベントにも来てくださり大変に助かりましたし、嬉しかったです。

ありがとうございます。来年もご参加よろしくお願い致します。

こんな夜更けにバナナかよ上映会 スプリングフェスタ日野 こどもまつり 

【大会】サイバスロン まちゼミ 試乗会

試乗会2 特特祭 KPSZ研修会 

Wheelog! 

一人の可能性が開け、出来ることが増えることは、世界を変えるきっかけになると信じています。
2020年、来年も走り続けます。

そして、一緒に働くスタッフも募集中です。
正職員、パート、アルバイト、時間等応相談。
まずはお問い合わせください。

今年1年本当にお世話になりました。

どうぞ、来年もよろしくお願い致します。

車いす工房 輪 浅見

メニュー