ペン立てを作ろう。金属溶接体験

こんにちは三浦です。

東村山市商工会が開催する「まちゼミひがしむらやま」に参加しております。

まちゼミとはお店の人が講師となってプロの知識を教えてくれる「得する街のゼミナール」のこと。
全国300以上の地域に広まっており、今年の夏ついに東村山で初開催されるものです。

コボリンでは8月3日に初日の講座を開催しました。
今回は「ペン立てを作ろう。金属溶接体験」の講座の様子をご紹介します。

今回応募してきてくれたのは小学5年生の双子のご兄弟と、小4年生と2年生のご兄弟の4人。
もちろん保護者同伴での参加となりました。
工房の作業場で電動車いすの改造や修理をする際に出る鉄の端材(プレート、丸パイプ、角パイプ等)を自分で選んでもらい、好きなようにレイアウトし、鉄を切ったり削ったり、叩いたり潰したり、浅見が一人一人に付き添って溶接して仕上げは好きな色で塗装。自分だけの作品を製作しました。

最初は機械の大きい音にビビりまくっていた子たちも、製作が始まれば完全に夢中に。とても熱中して楽しんでくれていました。
我々スタッフも非常に楽しかったです。子供が何かを考えたり、夢中で手を動かしているときの目や表情は最高ですね。

こちらの溶接体験ですが8月15日にまた開催しますので是非お申し込みください。
小学生やお子さんがいらっしゃる親御さん、夏休みの工作にうってつけかと思いますよ!(笑)

まちゼミひがしむらやま
ペン立てを作ろう。金属溶接体験
日時:8月15日 時間:16時~17時30分

まちゼミの詳細↓
https://www.city.higashimurayama.tokyo.jp/kurashi/shigoto/shoko/shinko/machizemi2019.html

ご参加お待ちしております!!

そして私三浦、今回の溶接体験の様子を動画編集しました!
こちらをご覧いただけたらどんな体験なのかわかるかと思いますので観てください!!

, , , , , , , ,
次の投稿
いつかは乗るかも 電動車いすで街散歩
前の投稿
クイッキー電動車いすシリーズ
メニュー