日本仕事百貨に掲載してみて、わかったこと。

日本仕事百貨の「人を信じるということ」

掲載記事、シェア、拡散等して頂きましてありがとうございました。
車いす工房 輪のフェイスブックページを急ごしらえで作って、
記事は6500人にリーチしました。
初めてなので、これが多いのか少ないのか全く分かりませんが、皆様のご協力の賜物です。
重ねてありがとうございます。

ご自身の言葉をつけて紹介していただき、
多くの方に支えられて今があるのだな、と勇気づけられました。
なんか、それだけで満足した気分に浸りました。

応援してくれた方々に会うと、
「どうだった?」「応募来た?」と聞かれます。
みなさん気にしていただいているようなので、書きます。

結論

最終的には10名から応募を頂くことができました。

静岡や、埼玉、茨木からも見学者が来てくれました。
履歴書も届いてきました。

私どもの仕事は、車いす業界の中でもニッチな仕事なので
全国から希望する人材を見つけてもらうことが出来ました。

当初、あまりも応募が来ず焦りましたが、
日本仕事百貨(株式会社シゴトヒト)の代表、ナカムラケンタさんが急遽インスタグラムに、記事を投下してくれました。

仕事百貨のトップページにも紹介記事を載せて頂き、
クライアントを見捨てない愛情を感じました。

そして、なによりも「人を信じるということ」という記事ですが、
自分自身がそこに気がついていなかった。

他人に書かれると、そうだったのかと思うこともありました。

そのことに気がついて、自分の内面が整理できたことが大きなプラスになりました。

短い時間で、取材してくれたライターの森田さんの実力を感じました。

事業に対しても、アドバイスを頂くことができました。
何人もの経営者に会うことがライターさんの仕事なので、情報量も多いです。

また記事が独り歩きして、意外な人とつなげてくれたり、
身近な人に仕事を知っていただいたり。
そういった副次的な効果も含めて価値はありました。

応募いただいた方、ありがとうございます。
この仕事に興味を持ってくれたことに感謝です。

只今、応募者の選考中です。

メニュー