ブルートゥースでいろいろ操作

最近はいろいろな機器にBluetoothが組み込まれ、便利になってきました。
そんな時代の中、テクノロジーに取り残され気味の浅見です。

地域で自立生活をされている電動車椅子ユーザーのお客様より
「Bluetoothの便利アイテムを取り入れた」と色々教えていただいたので、皆様にも紹介します。

Qrio Smart Lock
http://qrio.me/smartlock/
玄関の鍵の開閉をスマホ(ブルートゥース)で行える商品です。

黒いなにかが、玄関の鍵(サムターン)に取り付けてあります。

これは、スマートロックという商品で取り付けは簡単。
ブルートゥース電波が届く範囲に来たら、自動で鍵が開くなんて使い方もできるそうです。
通常の鍵との併用できますので、電池切れで家に入れない!なんて心配はないようです。
民生品ですが、鍵の開け閉めに困っているユーザーさんには便利かもしれませんね。

もう一つ教えていただいたのが、なんと!電動開閉カーテン
簡単に取り付けられて、スマホ(ブルートゥース)で開閉。

めざましカーテン「mornin'」
https://mornin.jp/

取り付けたところ


外したところ。

電動カーテンと聞くと、なにやら映画館の幕のような大げさな装置を想像していましたが、小さくてワンタッチ取付。
この装置自体が、モーターでカーテンレールを動き、カーテンを動かす代物です。
カーテンフックの端と一コマ目の間に設置します。


スマホの操作画面
細かく開閉時間をプログラムでき、決まった曜日や時間にカーテンを開閉させる自動運転も可能!

しかも安い!
これ、「力が無い人にはお薦めですよ~!」と教えてくれました。


また別のお客様からのブルートゥースとWI-FIで動かすカメラの情報です。
オープンプラットフォームカメラ
OLYMPUS AIR A01

最初見たときは交換用のレンズ単品かと思いましたが、遠隔操作のみの円筒形カメラでした。

今までのカメラと違う点は(スマホ)のブルートゥースで電源のONが出来るということ。
今までは電源ONは誰かに押してもらう必要がありました。

ブルートゥースで電源ONにした後は、(スマホ)のWI-FIですべての動作ができるとのことで、完全に遠隔操作ができるカメラらしいです。

オリンパスPENシリーズの交換レンズが使えるそうなので、綺麗な写真が撮れそうです。

そこで思いついた運用方法

ペルモビールF3、F5 と スマホを
「マウスモジュール」または「アイデバイスモジュール」でペアリング
ペアリングしたスマホを鍵やカーテン、カメラとペアリング

そのように構成すれば、スマホが操作できない方でも、
車椅子の操作で鍵やカーテンをプログラムして管理したり、
車椅子からカメラを操作できるかもしれません。

すみません。実際やったことはありませんので、動作未確認です。
カメラは画面を触らないと出来ないかもしれませんね。

ペルモビールの紹介動画をご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=QoZHLq87rL4

※紹介してくださったお客様の許可を得て撮影、掲載しております。

注意)今回ご紹介したカギ、カーテン、カメラのメーカー様と車いす工房 輪とは一切つながりはございません。
   また、車いす工房 輪にての取り扱いはしておりません。

メニュー