ミシン故障…

CIMG5191

皆様 こんにちはサトウです。
早いもので今年ももう2月ですね。
寒さもきびしいですが、梅の花をみたりすると春が近づいているのを感じます。
さて最近 工房輪の1台しかないミシンがとうとう故障してしまいました…
8年前の開業時に購入し、時々動かなくなる事はあったのですが、その都度スタッフがなんとか
なおしてがんばっていたミシンです。
しかし、今回はミシンは動くのに糸がうまくまわってないようで、きれいに縫えないという困った状態が続いていました。
 そこで購入したミシン屋さんに修理に来ていただきました!
ミシンの細かな調整をしていただいたのですが、故障の原因は部品についた小さなキズが糸の送りを阻害していたり、うわ糸の引っ張り具合だったり、糸の通し方だったり 本当に細かなことでした。
 
調整をくりかえして直してしまうミシン屋さんの技術にも感心しましたが、ミシンという機械がとっても繊細なことを学び目から鱗でした。
 工房にあるのはコンピューターを使わない旧タイプのミシンなのですが、古くてもそんなに細かい調整が出来、動いている事に昔のものづくりのよさを感じ色々と感心しっぱなしでした。大事にしようあらためて思いました。
余談ですが、ミシン屋さんは前日まで東京ドームで行われたキルト展にミシンを出展していたそうです。調べてみると大規模なものでいろいろな縫製に関する展示あり、来年はいってみたいな、なんて思っています。
サトウ
メニュー