今年も1年ありがとうございました。

「移動」と「姿勢」の自由を得られる電動車いすを提供します。

電動車いすは移動の為の補装具です。
何のために移動が必要かというと、行った先には必ず目的があります。

逢いたい人に会う、美しい景色がみたい、コンサートに行きたいなどの願い
日常の散歩や買い物、通院、通学、通勤も大切な目的です。

車いす屋になって20年間、お客様の願いや目的を叶えるために車いすを作り続けていきました。
今は「出かけない」ことが良いとされる世の中になってしまいました。
まさかこんな世の中になるとは想像していませんでした。
しばらくはみなさんの生活の中で、外出の優先順位も下がってくるのではないかなと思ったりしています。
しかしコロナを言い訳に歩みは止めません。

 

初めてだらけの2020年のまとめ

【初めての業務】

3DCADの導入(SolidWorks)開発図面の三次元化
グーグルマイビジネス開設
LINE公式アカウント開設
リモート車椅子打ち合わせ(ZOOM)
コンセプトムービーの製作(You Tube)
一般社団法人日本車椅子シーティング協会(JAWS)理事就任
外部サポートライターにブログ記事執筆(こばやしさん)
インターン生の受け入れ(トヨタ自動車大学校)
重量パレットラックの導入

【初めての取材】
YBS山梨放送 P-5eyeの取材 テレビ番組ワイドニュース放送
NHK取材  P-5eyeの取材 テレビ番組おはよう日本放送
テクノエイドエイド協会 情報誌掲載
布施博さん取材 雑誌MELDIAに掲載

【初めてのイベント】
エンジニア交流会を開催 各界から22名参加
学校での講師 啓成会高等職業技術専門校 での講師
みんなで楽しむ氷上体験 電動車いすでスケート遊んだ
車椅子サバゲーで遊んだ
オンライン工房見学会の開催 ボルトとナットプロジェクト
まちゼミひがしむらやま オンライン開催
日本福祉大学でスクーリング講座を担当
東村山市社会福祉協議会で講座を担当
MELDIA CAFEにゲスト出演

 

一緒につくる、あなたの「できる」を増やす超電動車いす

残念ながら中止となったリアルイベントも多かったですが、オンラインを中心に今年も走り続けた1年でした。

コロナの勢いは治まらず、先行き不安もありますが車いす工房 輪では求人を再開します。

「一緒に作る」とは、お客様と一緒になって作るという意味ですが、工房で一緒に働きたいという方は、是非お気軽に連絡をください。

一緒にお客様の「できる」を増やしましょう。

ユーザー様、お取引相手の方、応援してくださる方々、良い人いらっしゃいましたらご紹介くださいね。

本年も大変にお世話になりました。皆様来年もよろしくお願い致します。

車いす工房 輪 浅見 一志

メニュー