permobil パートナーカンファレンス

こんにちは三浦です。

9月末にペルモビール主催のアジアパートナーカンファレンスに参加しました。
今年で2回目の参加となりました。

こちらはペルモビールが国際福祉機器展HCRの開催に合わせ、東京近郊に集結している日本、韓国、中国の販売店に向けて新製品の発表等をするもので、実際に製品に触れたり、海外の理学療法士やペルモビールエンジニアの講習を受けたりできるものです。
我々販売店からすると、車いすの開発部門の人間と直接話が出来るチャンスでもあります。
余談ですし、当たり前ですが基本この日は周りから聞こえる会話の9割が英語でございます。やばいでございます。
講習には通訳があるのでまぁ内容は理解できるのですが、こんな時に少しでも英語が話せたらもっと色々伝えたいことあるのに…と歯がゆさを感じます。

HCRのペルモビールブースでも発表していましたのでご覧になった方もいるかもしれませんが、今年の目玉は新しくなったスマートドライブ「Smart Drive MX2」の発表でした。

スマートドライブとはモーターとオムニホイールタイヤが付いた本体を手動車いすに取り付けて、専用のスマートウォッチで操作する着脱式電動アシストです。

と文章だとわかりにくいかもしれませんが、要はこれ付けると手動車いすが一瞬で簡易型車いすみたいになっちゃう訳です。
しかも腕時計みたいなやつでポンポンっと足を叩いたりなんかしてアクションをすれば動かせちゃうわけです。

…もう未来です。ドラえもんの道具です。
ちなみに今やドラえもんのひみつ道具はもう何十種類もが既に実現されていて、もうすぐ実現しそうな道具も…ググってみると色々出てきて面白いです。
これとか→https://www.change-makers.jp/technology/10978


このスマートドライブ。コボリンでは現状取り扱いはありませんがご興味あれば是非ペルモビールのサイトでチェックしてみてくださいね。サイトはこちら→https://permobilkk.jp/

ちなみに私三浦は、2018年のアジアパートナーカンファレンスが終わった後の懇親会の余興のくじ引き大会で驚愕の引きを見せ、コボリンでは現状取り扱いありませんつってんのに1等賞であるスマートドライブを当てちゃうというダブル役満ばりの大事件を起こしております。はい。
なんならそれで顔を覚えられている節もありまして、今年も他の販売店の方々やペルモビールの各国のスタッフから「去年当てたよね?」とか「ラストイヤー!君だったよね!?(英語で)」みたいに話しかけられて無駄に照れるシーンが何度もありました。

…話を戻しまして。
電動に関してはF5の立位プログラムについてオーストラリアのエンジニアからの講習を受けました。
F5のスタンディング機能をユーザーそれぞれに合わせて調整出来るというものです。
これはとても専門的な分野だと思いますが、タイムリーにユーザー様のプログラムを調整していた時でしたので、また一つ勉強になりました。
ここぞとばかりに質問させてもらいました。チャンスなんで。通訳してくれた方ありがとうございます(笑)

懇親会ではWITH ALS(https://withals.com/)の武藤将胤さんとお久しぶりの再会。
F5似合ってますね!
その他にも東京2020パラリンピックパラカヌーの出場権を獲得された瀬立モニカさん(https://monikaseryu.com/)のお話も聞けました。

F5の機能を使いVDJ等、様々なことにトライしている武藤さん。
競技で勝つ為。極力肩に負担をかけないように普段の生活ではスマートドライブを使用しているというモニカさん。

やはりユーザーの声が聞けるのは為になります。

ペルモビールの電動車いすに乗っている方はコボリンユーザーにも多いので生の声を聞いて以前に投稿した記事の様にまだ知らない人たちにも良さを拡散していけたらいいなと思います。

特徴のある車いす紹介(https://koborin.com/2018/10/25/7023/

新しくなったF3(https://koborin.com/2019/10/25/9096/

メニュー