日本仕事百貨の求人

車いす工房 輪では最近フェイスブックページを始めました。

皆様に役立つ情報をお届けしたいと考えております。
是非フォローをお願い致します。

前回の投稿では
日本仕事百貨の取材記事にシェア、いいね!をして
頂きまして誠にありがとうございました。

じっくり読んで頂いた、知り合いの方からは、
内容を褒められてすっかり木に登っています。

ただですね、こないのです。

一番肝心な応募が。

本当は、いっぱい求人が来て、木に登りたいのですけど。

以前からよく知っている、ご近所の方からは応募が来ました。
それはそれでこの仕事に興味を持って頂き、正直大変に嬉しく思います。
これから公平に選考致します。

記事文面にもありますが、当方の右腕が退職予定でありまして
工房のピンチです。

確かに給与、待遇では他職種にとても太刀打ち出来ませんが、
仕事の内容、やりがいに関しては負けない自負があります。

小さい事業所ですが、社保も入っておりますし、
当たり前ですが、残業したら残業代も出します。
営業ノルマのようなものもありません。
リーマンショックが来ても関係ないです。
あまり世の中の情勢に左右されませんので、
細くですが長く続けられる仕事です。

仕事の感じはわかりやすくいうと、テレビ番組のドリームハウスや、
ビフォーアフターの家造りのような仕事に良く似ています。

施主の気持ちやイメージを大切にしつつ、プロとしての意見を提案して
実際の生活で本当に使いやすいものを提案していきます。

家造りって、いろいろな職人さんが居て、
みんなで作り上げるのが一つの醍醐味だったりもします。

比べて私達の仕事は、企画段階で多くの方が関わります。
ドクター、セラピスト、施設職員、家族、そして我々

実際作り出すと、設計事務所と工務店と、左官屋さんと、設備屋さんとを
全部一人でやりとげるような仕事です。
ですので単調な仕事はなく、幅広くいろいろな技術を身につけなければいけません。

仕事を誘うとよく言われるのが、自分には技術がなく出来ないとか、難しそうとか。
それほどでもないのです。
全体を見ると複雑そうですが、一つ一つ細分化して
やってみると案外出来るものです。

最初は簡単な作業が1時間かかっても、次はもっと短い時間で出来ます。
経験の繰り返しなので、すぐに慣れると思います。

これがこの仕事のもう一つの醍醐味だったりもします。

とりあえず、日本仕事百貨お読みください。

ご興味を持った方ご連絡をお待ちしております。

また、工房輪で働かないけれども、応援してるよ!という方
コボリン助けると思って
フェイスブックやメールなどでお知り合いに広めて頂ければと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

メニュー